Chietetra

日常がときめくリバティファブリックポーチ

スマホはどこでもドア!ハンドメイドの海外販売

 

スマホはどこでもドア。

 

魔法のように、わたしをどこへでも連れて行ってくれる。

物理的にではなく、精神的にだけれど。

 

スマホがあるおかげで、

見たいところ(つまり、意識が行きたいところ)へ

いつでも行くことができる。

本当に便利でありがたい存在♡

 

f:id:chietetra:20190906202435j:image

 

「わたしの商品を販売する」という仕事をしていて、

スマホがあって本当にありがたいなぁ

と日々感じています。

 

 

昨年末から、

海外へ向けてもハンドメイドの販売を始めたのですが

それからは、また更に

スマホやインターネット社会の便利さに感謝しています。

 

スマホが海外のお客さまのもとへ

わたしを連れて行ってくれるような感覚になります。

 

 

 

昨年末に始めたのは

Creema中国語版での販売。

Creema中国語版は主に台湾・香港の方々がお客さまです。

 

今年の初めからは

Pinkoiでの販売も開始しました。

Pinkoiはアジア最大級のD2C(Direct to Consumer)ブランドが集うマーケットプレイスで、

2011年8月に台湾から事業をスタートし、日本やタイ、中国大陸、香港、マカオアメリカ、カナダなど、グローバルに展開しています。

 

Creema中国語版もPinkoiも、

わたしの場合は中国語圏(台湾が一番多い)のお客さまがほとんどなので

お客さまとのやりとりは英語を使っています。

 

お客さまも、お問い合わせなどは英語でくださることが多いです。

時々、中国語でのお問い合わせなどもありますが

Creema中国語版にもPinkoiにも、

翻訳機能が付いていてとても便利です。

 

 

Creema中国語版もPinkoiも、

商品説明なども日本語で入力すれば自動で翻訳して記載してくれます。

英語や中国語が得意な方は自分で入力することも可能です。

 

分からない単語などがあっても

検索してみるとすぐに分かりますし

言葉はあまり問題ではないような気もします。

大切なのは、良いものを販売すること。

それは日本国内でも同じことなので

海外へ向けての販売は

実際にやってみて難しくないと感じています。

 

 

Creema中国語版での販売

 ▼詳細

https://www.creema.jp/page/creator/start-global

 

 

Pinkoiでの販売

(こちらのリンク先のショップ開設から申請できます)

 ▼詳細

https://jp.pinkoi.com/inv

 

 

 

現代は、スマホのおかげで簡単に世界へ向けて発信できるので

海外販売に少しでも興味があるのなら、

挑戦してみるのは、とてもおすすめです。

 

 

スマホはどこでもドア。

はじめにそう書きましたが、

ドアの扉は開いているのに扉の向こう側へ行こうとしない人も沢山いるように感じます。

そういう姿を見るともったいないなぁ。

と思ってしまいます。

( 本人の意思だからそれでいいのかもしれませんが )

少しでも興味があるなら、やってみたらいいのになぁ。

 

わたしは、やってみて良かったです。

どこでもドアのおかげで、

それまで知らなかった世界を知ることができて

とっても楽しいですし、

日本にいるのに、日本国内への販売をしているだけの時とほぼ変わらない毎日なのに、世界が広がったような気持ちになります。

 

これからも、スマホを通して

広い世界を見ていきたいなぁ♡

 

 

 

。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。。・゚・。

 

 

C h i e t e t r a 
☆リバティプリントの布で、日常がときめくポーチや雑貨などを製作しています☆


・作品の展示や販売はこちら
・新作やイベントのお知らせは → Instagram
お問い合わせはこちら

 

  

 

atelier-chietetra.hatenablog.com

 

 

chietetra

 

 

 

スポンサーリンク